太陽光発電を導入して屋根に太陽光パネルを設置すると発電する事が出来るので電気代を安く抑えられるメリットがあります。
また発電した電気が余った時は売却する事も出来るので利益を生み出す事も出来ます。
しかし太陽光発電を導入する時は把握しておきたい法律があるのでしっかり頭に入れておく必要があります。
そこで太陽光発電を導入する時に把握しておきたい法律を確認していく事にしましょう。
知らない人は太陽光発電 法律について読んでおきましょう!!

・建築基準法
太陽光発電を導入する時にまず把握しておきたい法律は建築基準法が挙げられます。
構造耐力、耐久性、防火性、安全性など建築基準法が定める要求基準を確認してから太陽光発電を導入する必要があります。

・電気事業法
太陽光発電は電気を発電する事になるので電気事業法もしっかり把握しておく必要があります。
太陽光発電を導入する時は電気事業法の規制を受けるので出力の規模や電圧の種別などで必要になる手続きも異なってきます。
分かりづらい部分もあるのでしっかり確認しておきましょう。
太陽光発電に関わる法律は建築基準法と電気事業法になるので導入する前にしっかり把握しておく必要があります。
建築基準法と電気事業法の基準を満たしていないと太陽光発電を導入するのに時間がかかってしまう事もよくあるので注意しましょう

関連記事


    太陽光発電の発電効率を考える場合、太陽電池パネルの変換効率はもちろんですが、装置の稼働率も合わせて考える必要があります。 太陽電池パネルの変換効率とは、パネルに降り注いだ太陽光の光エネルギーを、どのく…


    空き地利用のために太陽光発電を利用しようというのはいいのですが、空き地によっては太陽光発電に適さないような場所も多く存在します。 そんな空き地に関して空いていたとしても設置しない方がいい場所というもの…


    電力自由化とは 2016年4月以前迄は、特定の電力会社としか契約できなかった電気です。 昨年4月以降から既存の電力会社だけでなく新規参入する電力界者とも電気を契約できるようになりました。 その事から、…