電力自由化とは
2016年4月以前迄は、特定の電力会社としか契約できなかった電気です。
昨年4月以降から既存の電力会社だけでなく新規参入する電力界者とも電気を契約できるようになりました。
その事から、各地域の選べる電力会社は関東圏で最大55社。
選べる電力料金プランは3?86と幅広いサービスが可能となった。
太陽光発電とは
発電量が日照量によって変化しながらも、日中の電力需要を緩和し環境問題の一因ともいわれる温室効果ガス排出量を削減できる。
設備は主に光エネルギーを電力に変化する太陽電池、二時使用の可能な蓄電池等があり、これらを組み合わせて構成されている。
1954年にアメリカで開発され、当初は非常に高価で宇宙開発等といった限られた用途にのみ用いられていましたが近年では、発電コストの低減が進められ水力、火力、原子力と共に発電方法の一つとして広く導入されるようになりました。
市場では、今後も更なるコスト低減や市場拡大が進むと見られ日本でも、個人を対象とした住宅用太陽光発電システム利用者への補助金、国が設置費用の3分の1を負担する産業用途への導入促進、公共施設への導入促進といった普及政策が押し進められている。
太陽光は、日射量さえ確保できれば設置場所を選ばない園利便さや、構造のシンプルさからメンテナンスが簡易であることがあげられるが最大のメリットは、そのクリーンさとエネルギー源にある。火力発電のように石油を消費し、排出時に二酸化炭素や硫黄化合物等の汚染物質を発生させることがなく環境汚染への問題が少ない。
当然、エネルギー源は太陽のため枯渇の心配がありません。
ただ、まだまだ他の発電方法と比較して初期設置費用が高額である事、天候に左右されることからの発電量の不安定さ、太陽光発電パネル製造時への環境への負荷など様々な問題がある。
今後、これら様々な問題が解消されていけば太陽光発電は電力自由化と共に私たち消費者へ大いに貢献されるだろう。
こちらに詳しく書いてあるので参考にしてください。⇒電力自由化 太陽光発電

関連記事


    太陽光発電を導入して屋根に太陽光パネルを設置すると発電する事が出来るので電気代を安く抑えられるメリットがあります。 また発電した電気が余った時は売却する事も出来るので利益を生み出す事も出来ます。 しか…


    太陽光発電の発電効率を考える場合、太陽電池パネルの変換効率はもちろんですが、装置の稼働率も合わせて考える必要があります。 太陽電池パネルの変換効率とは、パネルに降り注いだ太陽光の光エネルギーを、どのく…


    空き地利用のために太陽光発電を利用しようというのはいいのですが、空き地によっては太陽光発電に適さないような場所も多く存在します。 そんな空き地に関して空いていたとしても設置しない方がいい場所というもの…