主人が会社をやめると会社に話した時に「やめてもいいけど君、借金あるからね」と訳のわからないことを言われました。

 

その会社は友達と作った会社なので、お互いにお給料分稼ぐシステムになっていました。ですが主人の売り上げがその前の年悪く、会社に迷惑をかけないようにやめることを決意したのですが、追い打ちをかけるように借金の話を切り出されました。

 

借金は1000万近くあり、どう考えても水増しされていたのですが、水増しして借金と言いがかりをつけるような友達とは縁を切ったほうがいいと、私たち夫婦は決意して、借金を少しずつ返すということで話をすることにしました。

 

主人はまだ友達として付き合っているようですが、借金が返済出来たら彼らと縁をきってもらうつもりです。

関連記事


    借金をしたときには、返済の期日を逆算しながら金策をする必要があります。借金をするということはその借金を何かに使うということですが、借金したお金は確実に返さなければならないので、返済期日までにきちっと…


     消費者金融相手ではなかなか難しいですが、個人間の借金ですとその借金は踏み倒してしまうことができます。ただ、借金を踏み倒すということは、借金したお金を返さないということですから、それはかなり人道的に…


    入社して3年目の時、私は消費者金融から借り入れを行ったことで、とにかく返済が大変でした。借り入れした理由は本当に恥ずかしいことで、単純に欲望を満たすためだけにお金を使っていました。   美…


    全然お金がありません。でもそんな時に手を差し伸べてくれた人がました。その人は会社の上司です。困っている私を見るに見かねてお金を貸してくれたのです。でも上司もお金はないと、いつも口癖のように言っていた…